ストレスケア.navi
HOME サイトマップ ご利用条件
コンテンツメニュー
ストレスコラム
ストレスとは
ストレスの原因
ストレス症状
ストレス解消法
ストレスとお薬
ストレスチェック
温泉旅行 スイーツで幸せ! お家で森林浴! 大声出して、ストレス解消! 涙・涙・涙・・・ 胃腸にもストレスは、辛い・・・
>> ストレスコラム一覧
ストレスコラム vol.08 涙・涙・涙・・・ 2007/08/08

ぎらぎらと照る付ける太陽。
一歩外へ出るとオーブンの中に入り込んだ(実際入ったことはありませんが・・・)ような気持ちになるくらい暑いです。
でも8月もお盆を過ぎると、暑さは変わらないのに光や風が変わります。
子供のころ、夏休みの終わりが近づくこの時期、悲しいような寂しいような気持ちになりました。
今でも私は、秋よりもこの頃が一番物悲しく感じてしまいます。
気候の変化は人間の身体にとって、ストレスとなります。
四季がはっきりとしている日本では、「五月病」とか、秋になると「切ない」「物悲しい」「物憂い」などの言葉を使い、身体や心の変化=ストレスを表現しているのかもしれません。

でも涙を流して悲しんだ後、妙にすっきりした気分になったことはありませんか?
実は、泣くことには身体のバランスを保つ上で、大きな役割があったのです。
今回は「涙を流して泣く」というストレス解消法について調べてみました。

涙の効果・効能?!

涙には3つの種類があります。

1 基礎分泌による涙
眼球に栄養を与えたり、雑菌を荒い流したりするための涙で、生活の中で意識することも少ない、常に流れるている涙です。
2 刺激による涙
何らかの刺激による反応で流れる涙です。
一番身近なところでは玉ねぎを切った時に出る涙です。
3 感情による涙
悲しい時、つらいとき、悔しい時、嬉しい時、感動した時など、泣いている時の涙です。
この涙にストレスを洗い流す素晴らしい効果(?)があるようです。

実験でわかってきた涙の効果

アメリカのウィリアム・H・フレイ二世博士の実験で、タマネギによる涙と映画の感動による涙では、成分に違いがあることがわかりました。
泣いている時の涙にはACTH(副腎皮質刺激ホルモン)といった物質が含まれています。
ACTHはストレスに反応して心や身体を緊張させたり、免疫系に作用する物質と言われています。
泣いたときにはストレスを和らげる脳内モルヒネの一種ロイシンーエンケルフェンが分泌されます。
日本では涙を流す前後の血液中のストレス成分を調べたところ、タマネギでは増えたけれど、感動では大幅に減少したという実験結果があるようです。
(余談ですが、タマネギを切るのはストレスになるのですね・・・)

涙を流して泣くことで、ストレスが荒い流され身体はリセットされているようです。

感情による涙は、やはり感情によって変化のある自律神経と大きな関係があります。
悔しい時や怒った時には心身ともに緊張させる交感神経が働きます。
嬉しい時や悲しい時、感動した時はリラックス時に強く働く副交感神経を刺激します。

失恋について語られる時、「男性の方が後をひく」、「女性は立ち直りが早い」などと言われますが、素直に泣けない男性はこの悲しみをリセットすることができず、長く引きずってしまっているのでは・・・思いっきり泣くことは、ときには必要なことかもしれません。

健康のため、泣きましょう!!

ストレスケアナビスタッフたちお奨めの映画や本をいくつかご紹介します。
気になるものがありましたら、是非、ご活用下さい。
涙の数は泣ける度(お奨め度)です。
期待しすぎずゆったりとした気持ちで没頭してください。
休日前のお風呂上りなどに、照明をやや落として、好きなお酒を1杯飲んでリラックスした状態がよりお奨めです。
※個人によって涙腺の強度が違いますので、泣けなかったらごめんなさい!

泣ける映画

禁じられた遊び 

1952年フランス  監督 ルネ・クレマン
この映画は知らなくても、中学の音楽の授業で「禁じられた遊び(愛のロマンス)」というギター曲を 習った人は多いのではないでしょうか・・・
映画の舞台は1940年戦時下のフランス。
町から逃げようとしている群衆に敵機が容赦ない攻撃を浴びせます。
5才の少女ポーレット(ブリジット・フォッセー)は両親と子犬を目の前で亡くしてしまいます。
まだ死が理解できないポーレットは死んだ子犬を抱き群衆からはぐれてしまいます。
逃げ出した牛を追っていた少年ミシェルと出会い、彼の家でしばらく生活することになりました。
ミシェルに「死んだらお墓に埋めて十字架を飾る」と教えられ、ポーレットは子犬や他の動物のため秘密の墓地をミシェルと一緒に作っていくのですが・・・
最後の場面とあの有名な美しいギターソロが涙を誘います。
子供のころテレビの洋画劇場で見て大泣きしました。子供たっだので親を亡くす恐ろしさを共感したのだと思います。
が、最近DVDを購入し見たのですが、やはり大泣きしてしまいました。

>> 禁じられた遊び(1952) - goo 映画
レオン 

1994年アメリカ  監督 リュック・ベッソン
ニューヨークに住む凄腕の殺し屋レオン(ジャン・レノ)。
人とは関わらず、淡々と暮らしています。
がある日、隣に住む一家が麻薬売買に絡み殺されます。
ちょうどその時帰宅した12才の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)が異常に気付きレオンの部屋に逃れます。
最愛の幼い弟を殺されたマチルダは復習のため「殺し屋になりたい」とレオンに懇願。
二人の共同生活が始まります。
やがて犯人をつきとめたマチルダは・・・
大都会で孤独な二人が出会い純粋な愛を知り、やがて悲しい別れが訪れる。
アクション映画でもあり、純愛映画でもあり、男のロマンとかっこよさに涙する映画でした。
リバイバルやDVDで何度か見ましたが、何度見てもせつなさがこみ上げます。

>> レオン(1994) - goo 映画
ALWAYS 三丁目の夕日 

2005年日本
昭和33年の下町の日本。
自動車修理工場の一家と集団就職で上京した女の子、駄菓子屋を営む三流小説家と冒険小説が大好きな少年、一杯飲み屋の女将たちが絡み合う、昭和の時代ならではの生活の中でおこる笑いや悲しみが描かれています。
あまりにも「ベタ」と思われるでしょうが、単純に感動の涙が流れます。

>> ALWAYS 三丁目の夕日(2005) - goo 映画
その他

チャンプ
1979年アメリカ 元ボクシングチャンピオンの父と、父の復活を願う少年の話。

>> チャンプ(1979)(1979) - goo 映画

ミリオンダラー・ベイビー
2004年アメリカ 女性ボクサーとトレーナーの絆を描いた話。ラストは考えさせられます。

>> ミリオンダラー・ベイビー(2004) - goo 映画

3人のゴースト
1988年アメリカ チャールズ・ディケンズの「クリスマスキャロル」を基につくられた映画です。

>> 3人のゴースト(1988) - goo 映画

キサラギ
2007年日本 (おそらく現在公開中) 笑って笑って、最後に泣ける映画です。

>> キサラギ - goo 映画

なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌
2002年日本 伊勢正三氏のフォークソングなごり雪をモチーフに、50歳を迎えた中年男性たちの人間ドラマ。

>> なごり雪  あるいは、――五十歳の悲歌(2002) - goo 映画

泣ける本

白い犬とワルツを 

テリー・ケイ  出版社:新潮文庫
長年連れ添った妻に先立たれたサム。
病気を心配する子供たちに暖かく見守られながらも、一人で余生を過ごそうとしています。
そんなサムの前にどこからともなく現れた白い犬。
サム以外の人の前には姿を見せず、子供たちは心配するのですが・・・
10数年前、表紙の犬のイラストが素敵だったので読んでみました。
何か派手なことがあるわけではなく、とても静かに流れていくお話しでした。
知らない間にぽろぽろと涙がこぼれていました。
多くの人が同じ様に感じられたのだと思います。
その後、一時話題になり、今でも感動した本ランキングには必ず名前があがっています。
当時独身だった私は「結婚ってこういうことなのかな」と感じたのを思い出します。
久しぶりに引っ張り出して読みたいと思います。

いつでも会える 

作・絵:菊田まりこ  出版社:学研
犬のシロが主人公。
シロは飼い主のみきちゃんと毎日遊んでいたが突然みきちゃんを亡くした。
小さく無邪気なシロが大きな悲しみを懸命に乗り越えようとする姿が胸を打つ感動の絵本である。大好きな人、ペットを突然亡くすのは本当に悲しくてつらいことです。
私も数年前に飼っていた犬が亡くなりました。
本当に可愛がっていたので悲しくて辛く、思い出しては電車の中でも泣いていました。
でも、この本を読んでから少し考えが変わりました。大切な人を思う気持ちは、その人が目の前にいなくても、きっとその気持ちは相手に届いて、悲しみを乗り越え、強くなれます。
目を閉じれば、いつでもそこにいて会えるのだから。
愛する家族やペットなどを失った経験をお持ちの方、小さいお子様から大人まで幅広く、読んで欲しい絵本です。

フランダースの犬 

原題:A Dog of Flanders 原作 マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー(イギリス)
ベルギー北部のフランダース地方の小さな村に住む少年ネロは、祖父や老犬パトラッシュと共に暮らし、ルーベンスのような画家になることを夢見ていました。
祖父の死後、放火犯との濡れ衣を着せられ、絵画コンクールに出品した作品は落選してしまう。
住むところも希望も失ったネロは、アントワープへと向かい大聖堂の中に飾られたルーベンスの絵の前でネロはパトラッシュと共に天に召される。
この本は舞台であるベルギーでもはあまり有名ではありませんが、日本では童話文庫・児童向け世界名作集の作品として多くの出版社から出版され、テレビアニメシリーズにもなり人気が高いので、多くの方がご存知だと思います。
菊池寛さんが翻訳した本が文芸春秋社から発行されているようですので、大人の方も読み返してはいかがですか?

ページTOP
奥田製薬株式会社 Copyrightc2004 okuda seiyaku co.,ltd.All Rights Reserved.