ストレスケア.navi
HOME サイトマップ ご利用条件
コンテンツメニュー
ストレスコラム
ストレスとは
ストレスの原因
ストレス症状
ストレス解消法
ストレスとお薬
ストレスチェック
温泉旅行 スイーツで幸せ! お家で森林浴! 大声出して、ストレス解消! 涙・涙・涙・・・ 胃腸にもストレスは、辛い・・・
>> ストレスコラム一覧
ストレスとは  

小さな子供に”ストレスって何?”と聞かれたら、あなたは何と答えますか?
毎日のように口や耳や目にする言葉ですが、”悪いこと”や”嫌なこと”のイメージとして捉えていて、正確には説明できない人が多いのではないでしょうか。
”ストレス”とはもともとは工学や物理学で使われていた言葉で、外から力が加えられたときにあらわれる物体の歪みのことをさしていました。

ストレス(=生体反応)を起こす原因となっている刺激はストレッサーと呼ばれます。

ストレスイメージ現在つかわれている意味の”ストレス”は1935年にカナダの医学者ハンス・セリエ博士の論文に登場しました。
セリエ博士によると、ストレスの医学的な定義は「寒冷・外傷・病気・精神的緊張などが原因となって、体内で起こる非特異的な防御反応」のことです。言い換えれば「刺激や変化に適応しようとする反応とプロセス」になります。生物が生きていくうえで自然に行ってきた順応の為の生体反応を、言葉を使える人間が概念化し名付けたとも言うことができます。

ストレスは悪者ではない?

ストレスと身体の関係は、子供の頃に遊んだパチンコのゴムに例えられることがあります。適度にひっぱったゴムは、玉を遠くに飛ばしたり的に強く当てたりすることができます。
私たちの身体でいうと、ストレスに対する抵抗期です。(ストレス抵抗について詳しくはこちら)ですが、強くひっぱりすぎたり長時間同じ状態で引っ張り続けたりすると、伸びてしまったり切れてしまったりと、ゴムとして機能しなくなります。人間にとっても同様で、適度なストレスは人生を有意義にしてくれるスパイスになり、ストレスが少なすぎると頭や身体を鈍らせ退化させてしまいます。
しかし、過度のストレスや、長時間ストレスを受け続けていると私たちの神経は疲れ果て、体調を崩し、病気になってしまいます。
ページTOP
奥田製薬株式会社 Copyrightc2004 okuda seiyaku co.,ltd.All Rights Reserved.